読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターアライアンスで欧州へ

ヨーロッパ旅行の計画と旅行記

ANAファーストクラス特典航空券

昨年5月頃の段階でANAのマイルが特典航空券のビジネスクラスを利用してヨーロッパ往復可能なくらい貯まっていました。

しかし11月には数千マイル分失効します。

クレジットカードで10万円を利用して1,000マイルしか獲得できないことを考えると、数千マイルの失効は非常にもったいないと感じました。

それで翌年あたりビジネスクラスでヨーロッパに行こうかなと思いましたが、あと37,000マイル足せば片道だけでもファーストクラスが利用できることに気がつきました。

 欧州往復の航空券を購入するとファーストクラス(F)ビジネスクラス(C)はどれほど違うのかと思って調べてみると、羽田⇔ロンドンの(F)は約250万円、(C)は約120万円と倍近く違います。

(C)の予約変更できないバリュープラス運賃は約60万円です。こっちで比較すると約4倍違います)
その他の(F)のサービスとして、地方空港(私の場合は伊丹空港)から羽田空港へ乗り継ぐ場合、ANAの乗り継ぎサービス ANA & LEXUS CONNECTION の対象となります。
そして羽田空港では(C)SFC平会員では利用できない ANA SUITE LOUNGE を利用することができます。

それからは如何にして37,000マイルを獲得するかを私なりに調べました。

結果、ポイントサイトを利用してのクレジットカード数枚を取得し、FXを2件こなして、全くお金をかけずに2016年8月3日に目標マイルに達しました。
(逆にクレジットカードにはEdy500円が入っていたり、FXで数百円(笑)利益が出たりしました。)

ANAの場合、ヨーロッパ便のファーストクラス設定路線は羽田⇔フランクフルト、羽田⇔ロンドンの2路線しかありません。
よって往路は(F)でロンドン行き、復路は(C)でフランクフルトから帰ってくる旅程で特典航空券を発券しました。

f:id:altdino:20170115202542j:plain

ちなみに往路を羽田→ロンドン、復路フランクフルト→羽田の場合の税金・施設利用料は12,610円ですが往復を逆の旅程、往路羽田→フランクフルト、復路ロンドン→羽田だと税金・施設利用料が28,680円と約16,000円も高くなる事が判りました。

これはイギリス出国時にかかる航空旅客税(Air Passenger Duty)が20,120円もかかるからです。
この結果からヨーロッパへ行く場合はイギリスからは出国しない方がお得だと思います。(※上記の税金・施設利用料は昨年(2016年)8月3日時点での金額です。)