スターアライアンスで欧州へ

ヨーロッパ旅行の計画と旅行記

初めてのフライトキャンセル

2012年12月、ルックJTB関空発【〜おもちゃの町とテディベアの故郷へ〜メルヘンドイツを楽しむ旅】6泊8日のパックツアーに夫婦で参加した時の事です。
ドイツのフランクフルト空港で初めてのフライトキャンセルを経験しました。

それまで私が抱いていた冬のヨーロッパは、天候が悪く寒くて、陽が昇っている間が短いため観光できる時間も限られるというネガティブなイメージでした。
もちろん、そんな時期にお金を払って観光旅行に行くなんて事は考えられませんでした。

そんなある日、ネットサーフィン中に綺麗なイルミネーションの写真とともに楽しく旅行を過ごした内容が書かれたドイツ・クリスマスマーケットの旅行記に出会いました。
その時から私は、ある目的を持って旅行に行くのなら季節は関係なく楽しめるかも知れないと思うようになりました。

 そしていろいろなツアーを検討した結果、ドイツ3大クリスマスマーケットをすべて訪れる上記のツアーに参加することにしました。

ちなみにドイツ3大クリスマスマーケットとは、世界最古のドレスデン、世界一有名なニュルンベルク、世界最大規模のシュトゥットガルトだそうです。
また、このツアーは上記の3都市の他にローテンブルク、ハイデルベルクノイシュヴァンシュタイン城などの定番観光名所や「おもちゃの村」ザイフェン、シュタイフ本社工場のあるギーンゲンの街というレアな場所も訪問します。

f:id:altdino:20170215221251j:plain

関空からフランクフルト空港までのキャリアはルフトハンザで機材はB747-400です。
チェックインカウンターでCクラスへの有償アップグレードを勧められ、家内はすぐにその気になりビジネスクラスにしようと宣い、たまたまその年が結婚25年の銀婚式にあたる事もあり、この旅は往路のCクラスから始まりました。
ツアー中は全行程天候に恵まれ、連日晴天で過ごす事ができました。
(この時の旅行記は4travelに掲載しています。)

f:id:altdino:20170215221313j:plain

↑ ローテンブルク(市庁舎展望台から)

↓ ノイシュヴァンシュタイン城

f:id:altdino:20170215221340j:plain

 そして迎えた帰国日の朝、ホテルの部屋のカーテンを開けると目の前に一面の銀世界が広がっていました。

ホテルを出発し、フランクフルト空港へ向かうに連れて雪は益々激しくなってきました。

空港に着き、帰国便に搭乗してもなかなか機体は動きません。
少し動いて止まったりします。
除雪作業をするとのアナウンスがあり、離陸予定時刻から4時間近く経過した頃、フライトキャンセルとのアナウンスがありました。

f:id:altdino:20170215221424j:plain

ちなみに、ほぼ同時刻に日本へ向けて出発する2便(成田行きと中部行き)は無事離陸したそうです。

関空便がボーイング社の機材で、成田と中部便がエアバス社の機材だった事が何らかの関係があるのでしょうか?

機体から降り、入国のパスポートコントロールを通ってまた空港ロビーに戻って来ました。かなりの便がフライトキャンセルになったようで人、人、人の大混乱の空港です。

ルフトハンザからは各人にStar Allianceのお泊まりセットが配られました。
男女で別々のパックになっています。ちなみに男性用のTシャツは全員XXLのサイズです。ポジティブに考えれば、このお泊りセットは結構レア物かもしれません(笑)。

f:id:altdino:20170215221523j:plain

さすがに最大手の旅行会社JTBです。現地在住のJTB社員の方も直ぐに駆けつけて頂き、今夜のホテルの手配などを行って頂きました。
添乗員の方(女性)はツアーメンバー全員の搭乗券とパスポートを持ってLHのカウンターに徹夜で並んでくれるそうです。
翌日知った情報によると、ホテルを確保出来ずに空港カウンターで添乗員と一緒に並んで一夜を明かした他社ツアーの方もいらっしゃったそうです。

結局、6泊8日のツアーは7泊9日となり航空機もパリ経由のエールフランスで帰国する事になりました。
おかげで家内は大好きなラデュレのマカロンをCDG空港で購入することが出来て喜んでいました。

フライトキャンセルというアクシデントでしたが、原因が天候不良にも関わらず後日、ルフトハンザから宿泊費の支払いがありました。(この手続きもすべてJTBに行っていただきました。)
また、エールフランスのマイルはJAL(JMB)に付けましたが、マイル積算率は100%で後日、沖縄旅行への特典航空券の一部に充当させて頂きました。