読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スターアライアンスで欧州へ

ヨーロッパ旅行の計画と旅行記

TGV & Virgin trainの予約

ヨーロッパ旅行まで3ヶ月を切りました。

パリからストラスブールへの移動はユーレイルパスを使ってTGVを利用する予定ですが、TGVは列車と座席の予約が必要だそうです。
フランス国鉄SNCFのサイトではパスホルダー用のチケット予約方法がよく判りませんでしたので、ユーロスターのチケットをお願いした欧州エキスプレスにて購入しました。

f:id:altdino:20170408121429j:plain

乗車するTGV9575TGV Duplex (TGD) という2階建ての車両だそうです。
一階より二階の方が景色が良いかなと思い、二階の座席を指定して頂きました。
チケットは送料込みで2,300円でした。SNCFのサイトでは10ユーロみたいです。

 次にロンドンからリバプールへの往復チケットを購入しました。

ビートルズが好きな私は計画当初、ロンドンからの現地ツアー 【ビートルズの故郷 リバプール日帰り観光&マジカルミステリーツアー<ロンドン発> by Evan Evans 】を利用しようと思っていました。
このツアーだと、ロンドン⇔リバプールの鉄道チケット、マジカルミステリーツアー料金、ビートルズトーリー入場料、キャバーンクラブ入場料のすべてがパッケージされていて便利でお得だと思いました。

しかし、ロンドン・ユーストン駅への集合が早朝6:30であることと予定日が土曜日ということで再考することにしました。

1. 集合が早朝6:30であることのデメリット
 この時間だとホテルを6時過ぎに出発する必要があります。現在でも朝5時には目が覚めてしまう私は早起きは苦手では無く集合はもっと早くても苦にはなりません。
では何が問題かというと、ホテルの朝食です(笑)。
以前、イギリスに行ったときの食事で何が美味しかったかというとランチでもディナーでもなくブレイクファストでした。すべてのホテルのフル・イングリッシュ・ブレイクファストが素晴らしかった事を覚えています。
よって今回もフル・イングリッシュ・ブレイクファスト付きのホテルを予約しました。
ホテルに土曜日の朝食開始時間を問い合わせてみると、朝8時まではコールドミールのみでホットミールが提供できるのは8時以降になるとの事でした。
つまりこのツアーを申し込むと楽しみにしていた朝食が食べることができません。

2. 土曜日であることのデメリット
 ホテルでのフル・イングリッシュ・ブレイクファストはあきらめるとしても、Virgin trainsのファーストクラスだと朝の列車ではフル・イングリッシュ・ブレイクファストが提供されるとの事で、料金が高くてもファーストクラスのツアーを申し込もうと思っていました。
しかし、調べてみると朝食が提供されるのは月曜から金曜のウイークデーのみということが判りました。
実際に土曜日にファーストクラスを利用した人のレビューがあります。

f:id:altdino:20170408122102j:plain

結局、リバプールの往復は少し遅めの列車(朝9:07発)をVirgin trainsのサイトで購入しました。
購入に際してはチケットの受取は経験者のブログ等で手数料が無料の【FastTicket(self-service machine)】が良いと書いてありましたが、今回実際に予約してみるとスマホなどのモバイル端末で利用できる【m-tickets】という方法が選択できましたのでこれにしてみました。
【FastTicket(self-service machine)】だとロンドンの駅で機械にてチケットを発券するという手間がありますが、【m-tickets】とそのまま列車に乗れそうです。
価格は早割で片道£16.5、往復で£33となります。カードで購入しましたが実際の請求は4,698円でした。
座席も窓側か通路側の選択、電源やテーブルのある席などの選択が可能です。

f:id:altdino:20170408122247j:plain